ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

by BITTIMES

2022年11月6日〜12日にかけて紹介した暗号資産・ブロックチェーン関連のニュースをまとめて掲載しています。この1週間で特に注目の話題をBITTIMES編集部がピックアップしてお届けします。

こちらから読む:2022年11月「ブロックチェーン・暗号資産」ニュース一覧

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ

Rakuten-Wallet-Margin-Exchange-Service

楽天ウォレットは2022年11月9日に、利用者間で直接暗号資産取引が行える取引所形式の「証拠金取引所サービス」を2022年11月下旬に提供開始することを発表しました。証拠金取引所サービスでは、合計9種類の暗号資産を取引することが可能で、マイナス手数料も採用すると報告されています。

東京タワー内に「暗号資産自動両替機」設置

BTM-RED-TOKYO-TOWER

暗号資産自動両替機「BTM」を展開している「株式会社ガイア」は2022年11月9日に、国内3台目となるBTMを東京タワーフットタウン内にある「RED゜TOKYO TOWER」に設置したことを発表しました。

「RED°TOKYO TOWER」に設置されたBTMの営業時間は「水土日祝を除く平日の10:00〜17:00」となっており、このBTMでは暗号資産4銘柄を両替することが可能となっています。

メルカリ「ビットコインの購入機能」提供へ

Mercari-App-Bitcoin-BTC-Cryptocurrency

メルカリ(Mercari)は2022年11月8日に、メルカリグループ日本事業におけるFintechの位置付けと今後の取り組みを発表する事業戦略発表会「メルカリ Fintech事業戦略発表会 2022」で発表した内容を公開しました。

今回の発表では暗号資産関連の新サービスについても説明が行われており、メルカリアプリから暗号資産ビットコイン(BTC)を簡単に購入できる機能を2023年春に提供開始する予定であることなども報告されています。

OpenSea:ロイヤリティ還元制度を見直し

OpenSea-Blockchain-NFT

OpenSea(オープンシー)は2022年11月6日に、NFT売買時にクリエイターへと支払われる「クリエイター手数料(ロイヤリティ)」をオンチェーンで執行するためのツールをGitHubで公開したことを発表しました。

このツールはオンチェーンでの強制執行を行う最初のバージョンであると説明されており、今後数ヶ月をかけてコミュニティの意見なども取り入れながら、より良い方法を見つけていく予定であることも説明されています。

Telegramのユーザー名「Fragment」で取引可能に

Telegram-Fragment-TON

Telegram(テレグラム)は2022年11月12日に、Telegram利用者が個人アカウント・グループ・チャンネルなどで利用可能な「@〜」形式のユーザー名を売買できるようになったことを発表しました。ユーザーネームは「Fragment」というプラットフォーム内で取引することが可能で、支払いでは仮想通貨「TON」が利用されています。

Trezor「ビットコインのP2P取引」が可能に

Trezor-HODL-HODL-Bitcoin-BTC-P2P

Trezor(トレザー)は2022年11月10日に、ユーザー間で仮想通貨を直接取引することができるP2P取引プラットフォーム「Hodl Hodl」との連携によって、本人確認手続きなしでデバイスからビットコイン(BTC)を直接取引できるようになったことを発表しました。

Trezorは公式発表の中で仮想通貨業界で有名な『Not your keys; not your coins(鍵を持たぬ者は、コインを持たず)』ということわざを強調しており、"暗号資産保有者は自分自身で秘密鍵を持つべきだ"ということを強調しています。

FTX:破産申請後にハッキング被害

FTX-Logo

暗号資産関連サービスをグローバルに展開している「FTX」は2022年11月11日に、関連会社約130社(FTXグループ)が日本の民事再生法に相当する連邦破産法11条(チャプター11)を申請したことを発表しました。この発表は仮想通貨業界に大きな影響を与えていますが、その後12日には「FTXがハッキング被害を受けたこと」も報告されています。

FTXに関連する一連の記事は以下にまとめていますので、詳細は以下の記事をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年5月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年5月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年7月30日〜8月5日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年7月30日〜8月5日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年3月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年3月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年3月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年3月20日〜26日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月3日〜9日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月3日〜9日

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

BINANCE創設者CZ氏「Giggle Academy」を発表|新プロジェクトの内容は?

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す