シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・対応ウォレット・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:シバイヌ関連の記事を新着順で「Shiba Inu/SHIB」関連ニュース

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?

ShibaInu-SHIB-Logo

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは、2020年8月に「Ryoshi」として知られる匿名の個人またはグループによって作成されたイーサリアムベースの暗号資産です。この仮想通貨は日本犬の品種である芝犬をモチーフとしており、ジョーク通貨として知られるドージコイン(DOGE)から派生した仮想通貨の一種でもあるため「ドージコインキラー」とも呼ばれています。

SHIBの総発行枚数は1,000兆枚と非常に多いものの、2021年5月頃にはイーサリアムの共同創設者として知られるヴィタリック・ブテリン氏が自身が保有するSHIBの40%をバーン(焼却処分)して、残りの10%を慈善団体に寄付したため、現在は約500兆枚ほどのコインが流通しています。

コインの流通量が非常に多いSHIBは、2022年11月時点で「1SHIB=約0.0012円」と通貨1枚あたりの価格も非常に安いものの、2021年10月には1週間で240%価格が急騰するなど大幅な価格上昇が見られる場面もあったため、一部の投機的な人々からも注目を集めています。

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の特徴

Blockchain-Catch

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の特徴としては以下のようなことが挙げられます。

柴犬ミームコインから実用的な暗号資産に

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)は、日本の猟犬「柴犬」をモチーフとした代表的な暗号資産の1つです。柴犬をモチーフにしたミームコインとしてはドージコイン(DOGE)が特に有名ですが、SHIBとDOGEは特徴が異なるため、その機能性などからSHIBも高い人気を誇っています。

Shiba Inuは元々ミームコインとして知られていましたが、現在は実用的な機能や魅力的なプロジェクトが続々とローンチされているため、現在はミームコインの枠を超えた実用的な暗号資産として注目されています。

SHIBのホワイトペーパーの冒頭には『仮想通貨プロジェクトが100%コミュニティによって運営されていたらどうなるか?』と書かれており、SHIB創設者であるRyoshi氏はSHIBの起源について『分散型の自発的コミュニティ構築に関する実験』と述べています。

ドージコインと同じようにシバイヌにも熱狂的な支持者が50万人以上存在していると報告されており、そのような支持者は仮想通貨業界で「SHIBArmy」とも呼ばれています。

Ethereum基盤のERC-20トークン

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)は独自ブロックチェーンで開発された仮想通貨ではなく、イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーンを基盤とするERC-20トークンとなっています。そのため、契約を自動執行するスマートコントラクトも利用することが可能で、SHIB関連の分散型アプリケーション(DApps)も多数開発されています。

SHIBは「MetaMask・Trust Wallet・Trezor・Ledger」などといった主要な暗号資産ウォレットで管理することができるため、イーサリアム関連銘柄とまとめて管理できるという点でも魅力的です。

ShibaSwapなど複数のサービスも展開

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)のエコシステムでは、DEX・DeFiプラットフォームの「ShibaSwap」、アート・芸術関連インキュベーターの「Shiba Inu Incubator」、シバイヌ関連NFTとなる「Shiboshis」など、様々なサービス・製品が展開されています。

「ShibaSwap」は、トークンを交換したり、流動性提供などで報酬がもらえる分散型取引所・分散型金融プラットフォームであり、「DIG・NFTS・BURY・SWAP・DOGGY DAO・WOOF」と呼ばれる複数のサービスが提供されています。

また、SHIBは大手企業などの仮想通貨決済サービスでも受け入れられ始めているため、DApps・DeFi・DEX・NFT・SHIB決済などが普及することによって、SHIBの利用が活発化していくことになると期待されています。

SHIB・LEASH・BONE

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)のエコシステムは以下3つのトークンで構成されています。

・Shiba Inu(SHIB)
Shiba Inu(SHIB)は、プロジェクトの基礎となる通貨。世界中の様々な暗号資産取引所に上場していて、仮想通貨決済などにも利用される人気のトークン。「ShibaSwap」に預けたりすることで報酬を獲得することも可能。

・Doge Killer(LEASH)
Doge Killer(LEASH)は、ShibaSwapのネイティブトークン。SHIB供給量が数百兆枚にのぼるのに対して、LEASHの供給量は約100,000枚に制限されている。LEASHはShibaSwapで取引することができる他、一部の暗号資産取引所にも上場している。

・Bone(BONE)
Bone(BONE)は、ShibaSwapのガバナンストークンであり、BONEを保有することでShibaSwapの方針を決めるための投票権を持つことができる。総発行枚数は250,000,000枚で発行枚数は徐々に減少、2024年の7月に発行が終了する。

動物保護などの活動も

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)のコミュニティメンバーは、捨てられた動物を助けるための動物保護プロジェクトである「Rescue」などの取り組みも行っています。

具体的には、Amazonで買い物をすると購入金額の一部を募金できる「Amazon Smile」というサービスを利用して募金が集められており、集められた資金は「Shiba Inu Rescue Association(柴犬レスキュー協会)」に寄付されています。

レイヤー2ブロックチェーン「Shibarium」

SHIBチームは2023年8月17日に、イーサリアムを基盤とする高速取引・ガス代削減・ユーザー体験の向上などに焦点を当てた独自のレイヤー2ブロックチェーン「Shibarium(シバリウム)」をローンチしました。

Shibariumは、コンセンサスアルゴリズム(取引承認・合意形成の仕組み)として、第3世代のブロックチェーンで広く採用されているProof of Stake(PoS)と呼ばれる環境にも優しい効率的な方法を採用しており、Shibarium上でのガス代支払いや報酬支払いでは「BONE」を使用する仕組みが採用されています。

また、Shibariumはオンチェーン取引の手数料として徴収されたBONEの70%をSHIBの買い戻し&バーンに充てる「SHIBバーン」の取り組みも特徴で、これまでにも複数回にわたるSHIBバーン実施が報告されています。

期待のメタバース「Shib:The Metaverse」

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)では、美しいグラフィックを特徴とするメタバース「Shib:The Metaverse」の構築も進められています。

「Shib:The Metaverse」は現在開発中で、メタバースでは「Shibarium」が活用される他、シバイヌ関連トークンである「SHIB・BONE・LEASH」や「SHIBOSHIS」などのシバイヌ関連NFTも活用される予定だと報告されています。

また、メタバースのLAND保有者は、受動的な収入を得たり、ゲーム内リソースを収集したり、報酬を獲得したり、LAND保有者限定の特典を得たりすることができるようになる予定です。

なお、これまでには「SHIB:The Metaverse」のメタバース世界を映したゲーム内映像も複数公開されていて、その美しいグラフィックなどからSHIBコミュニティでは正式リリースに期待が高まっています。

分散型ID「Shib Name Service」

Shib Name Service(SNS)は、2023年10月31日にローンチされた自分のデジタルIDを自分自身で管理できるようにするShibariumの分散型IDプラットフォームであり、「.shib」というトップレベルドメインで終わる好きな文字列のデジタルIDをNFT形式で取得することが可能となっています。

具体的には「myname.shib」のようなデジタルIDを取得することが可能で、取得したデジタルIDとウォレットアドレスが紐付けられることによって、デジタルID宛てにトークンを送信することができるようになっています。

従来のウォレットアドレスは「0x000...」といった複雑な英数字の文字列となっているため、覚えるのは困難で誤送金などの問題にもつながっていましたが、デジタルIDを利用すれば「myname.shib」といった簡単なIDでトークンを送金することができます。

また、2023年12月には「.shib」のトップレベルドメインの申請・取得に向けて、ドメイン関連企業である「D3」と提携したことを発表されており、Web2&Web3対応の「.shib」ドメインを提供する計画も発表されています。

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の基本情報

トークン名称シバイヌ(Shiba Inu)
ティッカーシンボルSHIB
公開日2020年8月
基盤チェーンEthereum基盤のERC-20トークン
総発行枚数1,000兆SHIB
2022年11月時点の流通量約549兆SHIB
考案者Ryoshi

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の価格・チャート

Shiba Inu(SHIB)を取扱う暗号資産取引所

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の取引が可能な暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます(2023年12月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
BITPOINT(ビットポイント)
SBI VC Trade(SBI VCトレード)
OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)
bitFlyer(ビットフライヤー)
BitTrade(ビットトレード)
コインチェック
DMMビットコイン

【海外の暗号資産取引所】
BINANCE(バイナンス)
Coinbase(コインベース)
BITTREX(ビットトレックス)
Kraken(クラーケン)
Gemini(ジェミナイ)

Shiba Inu(SHIB)対応のウォレット

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Trezor(トレザー)
Ledger(レジャー)
MetaMask(メタマスク)
Trust Wallet(トラスト・ウォレット)

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)関連リンク

Shiba Inu公式サイト
Shiba Inu公式Twitter
Shiba Inu公式Instagram
Shiba Inu公式Telegram
Shiba Inu公式Redditコミュニティ
Shiba Inu公式Discordコミュニティ
ホワイトペーパー(Woof Paper)
エクスプローラー①(Etherscan)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

ライトコインが韓国の仮想通貨ATM「13,000台以上」で利用可能に

ライトコインが韓国の仮想通貨ATM「13,000台以上」で利用可能に

詐欺集団PlusToken:イーサリアム「115億円相当」を送金|ETH価格は一時下落

詐欺集団PlusToken:イーサリアム「115億円相当」を送金|ETH価格は一時下落

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

注目度の高い仮想通貨ニュース

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

シバイヌ(SHIB)ETFの実現に向けて「ShibArmy」が署名活動を開始

シバイヌ(SHIB)ETFの実現に向けて「ShibArmy」が署名活動を開始

ETH/BTC比率に「アルトコイン高騰」のシグナル|国内上場銘柄でも価格上昇続く

ETH/BTC比率に「アルトコイン高騰」のシグナル|国内上場銘柄でも価格上昇続く

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

仮想通貨市場に「多数の追い風」が迫っている:億万長者マイケル・ノボグラッツ氏

仮想通貨市場に「多数の追い風」が迫っている:億万長者マイケル・ノボグラッツ氏

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

仮想通貨の分散化レベルランキング|トップ3は「ETH・ADA・AVAX」

仮想通貨の分散化レベルランキング|トップ3は「ETH・ADA・AVAX」

2024年高まる強気相場の熱:ミームネーターが大きく飛躍する?

2024年高まる強気相場の熱:ミームネーターが大きく飛躍する?

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す